報酬の相場は難しい

 いまテレビは、ライブドアの話題で一杯ですが、不謹慎ながら、堀江社長の弁護士は幾らくらいの弁護報酬をもらうのだろうかと考えていました。

 数億円単位?とかではと想像するのですが、果たして数億円の弁護料としても、じゃぁどんな内容になるのかとか、バカな事を考えてしまいます。

 丁度先日、先輩行政書士と話していて、行政書士が頂く報酬額のことが話題に出て、例えば100万円の相談料といった場合に、何をすればいいのだろうかと話していました。

 お客様に満足感を提供するってのは当然としても、そもそも、そんな事はあり得ないし、そんな場合でも、もっと安くしてしまうと言われていました。

 報酬を高くすれば、自分は良くてもお客様が来なくなり、逆に安くすれば、お客様は良くても経営が成り立たなくなる。

 行政書士にも、報酬調査表みたいなのがあるのですが、報酬自由化の時代ですから、そんなに高額も頂けないし、実際の相場を掴むってのは難しいなぁ~と思います。

[てるてる行政書士事務所]