加除式書籍の差し替えが溜まってます。

 私の事務所の参考書籍として、加除式の書籍が何種類かあります。

 一度購入すると、半年か一年程度の間隔で、法律改正などによる修正ページが郵送されてきて、その部分を差しかえながら使っていきます。

 これらの書籍は、一組(一冊)の購入価格が1~4万円程度で、年に数度送られてくる差しかえページが、3千円~1万円程度の代金が掛かります。
  
 一組だったら良いのですが、だんだんと種類が増えてくると、年間の支払代金は、結構な金額になりますが、さすがに、これらの書籍は、値段分といっては何ですが、詳しいです。
 
 ぺーじの差しかえですが、出版社にお願いすると、無料で差しかえをしてくれる巡回サービスがあるのですが、私の場合、どこが変わったのかを見ておきたいこともあり、私自身で、差し替えをするようにしています。

...で、この差しかえが、来たらすぐにやれば言いものの、ついつい後回しになって、お正月休みでも出来なかったので、何冊も山積みになっています。

 なんとか、1月中には、終えたいと思っています。