たまにはある!

 お正月が終わったと思ったら節分! なんだか時間が早く進んでるように感じる毎日です。

 以前、除籍簿謄本を見ていたら、続柄欄が飛んでる(例えば、長男の次が五男みたいな感じ)事がありました。

 詳細に見ていくと、”なんか変”、それに、一つ前の除籍謄本との整合性がとれていない?!

 除籍簿謄本の一番後ろにある”認証文”や”認証印”もちゃんとしているし、契印の代わりの”ポチ穴?”もずれていない。

 もう一度、詳細に見ていくと、除籍簿謄本の欄外に書かれている数字が飛んでいることに気がつきました。

 正式な呼び名は知りませんが、戸籍簿や除籍簿には、欄外に整理番号(連番の数字)が記載されていて、ページが抜けたりすると、解るようになっています。

 この、”なんか変”だと思った除籍簿謄本は、役所のコピーミスで、途中のページが抜けてしまった訳ですが、ごくたまにですが、あります。

 戸籍簿謄本や除籍簿謄本を手にしたら、よ~~~く見ましょうね!
 
 あぁ~、こわ!

【てるてる行政書士事務所】