金持ちになる男、貧乏になる男(スティーブ・シーボルド)を読んで

書店で思わず衝動買いしてしまった本ですが、書名の通り、金持ちになる男、貧乏になる男を項目別に対比しながら書いています。

内容については、従来の価値観とは異なる部分も多く、刺激的な内容も多いと思います。

しかしながら、読了して気がつくのは、各項目に直接的な表現では出てきていないものの、繰り返し繰り返し出てきている言葉があります。

おそらくは、この言葉が一番のキモだと思いますが、他の経営ノウハウ書には出てきていない言葉であるものの、私の人生の師であるA氏の言葉と共通するもので、納得のいくものでした。

私が、この書籍に書いてあることを全部実行して、金持ちになるかどうかは??ですが、いつかハンプトンズで一夏を過ごしてみたいなとは思いました。

[てるてる行政書士事務所]
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村
人気ブログランキングへ