相手の言葉が待てないって?

業務上の打合せや相談会など、仕事上に限らず、相手の言葉が返ってこないうちに、こちらが言葉を出し、相手の返事を促したりしてしまうことは、よくあると思います。

特に、お客様からご相談を頂いた中で、何かの回答をした時に、相談者のお客様が、なかなか返事をしてくれない!!!

こんな時、お客様(相手)の言葉が待てずに、つい...「この方法が良いと思うのですが、どうですか?」などと、つい..つい..相手に返事を迫ってしまします。

長い沈黙の時間....しぃ~~ん。

相談を受けている側からすると、この沈黙の...しぃ~~んが、一番気になります。

こんな時、私は、気長に相手の返事を待つことに事にしています。

マツ..と言っても、せいぜい数分の事です。

経験的に言うと、この数分をマツだけで、相手との信頼関係がぐっと増すと感じています。

逆に、この数分を待てない、待てなかった為に、相手との信頼関係を気付けなかった具体例も知っています。

知識や経験方法な先生方にすれば、マツ...間を置く...というのが、理解しにくい場合も多いかも知れませんが、どうも相手と話が通じないと感じるような時は、試してみる価値はあると思います。

てるてる行政書士事務所]
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村
人気ブログランキングへ

次の記事

凄い雷雨でした