建設業許可がとれない

建設業を行うには、一定の場合を除き、原則として建設業許可が必要になりますが、建設業許可が不要な範囲内で、工事を請負っていた個人や会社でも、最近は元請や融資時の銀行からの要請もあり、建設業許可を取得される方が多くなっている様です。

建設業許可を取得するには、様々な要件が必要になり、更にこの要件を証明したり、確認したりするために、様々な書類が必要になりますが、....これらの書類を揃えるというのが結構大変です。

例えば、工事ごとに必要となる国家資格を持っていない場合、申請する業種について10年以上の実務経験が必要で、この期間を証明するために、確定申告書の写しなど、ケースにより様々な書類が必要になります。

これらの必要書類を探し出すために、事務所内の棚の奥、ご自宅の押し入れの隅はもとより、パソコンのハードディスクやFDの中でまで捜します。

なんとか捜し出せたり、場合により取引先の協力が得られれば、許可申請をする事ができる可能性が出てきたことになります。

...な感じで、ほかの要件と併せてクリアできれば、何とか許可申請をすることになります。

結構面倒で、手間暇のかかる手続きだと思います。

てるてる行政書士事務所]
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へにほんブログ村
人気ブログランキングへ