個人信用情報機関って、どういうものなの?

遺産相続手続きの一つに、債務調査があります。

同居のご親族がいらっしゃる場合などは、被相続人(死亡された方)の生活環境がわかるのですが、一人暮らしの方の場合など、なかなか生活実態がわからない場合があります。

そんなとき、「個人信用情報機関」に照会をかけて、債務確認をする時があります。

私の所属する、NPO法人成年後見・遺言相続ハートセンターでは、10月29日に、「個人信用情報機関って、どういうものなの?」と題して、全銀協から講師をお招きして、研修会を開催する予定です。

・個人信用情報機関の概要(個信センター、JICC、CIC)
・個人信用情報の本人開示手続内容
・成年後見人等の代理人への開示手続内容

普段は、なかなか馴染みの薄い機関で、同業の行政書士に聞いても、利用したことがないとの事ですが、ある意味、遺産相続手続きでは、大きな役割を持つ場合もあるので、今回この研修会を開催し、私も参加することにしました。

↓ ポチッとおねがいします。↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村